千島列島

 

千島列島(ちしまれっとう)は、北海道本島の東、根室海峡からカムチャツカ半島の南、千島海峡までの間に連なる列島。クリル列島(ロシア語: Кури́льские острова́, ラテン文字転写: Kurilskiye ostrova 英語: Kuril Islands)ともいう。国後島、択捉島、得撫島、幌筵島、占守島などの島々からなる。総面積10,355.61km2。

主に得撫島以北を北千島、択捉島以南を南千島と呼ぶ。また、南千島に対する日本の領有権を主張する立場から、これらの島々を北方四島(北方領土)と呼ぶことがある。日本政府は択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島を北海道の属島とし、千島列島に属さないとしている[1]。 なお、得撫島から磨勘留島までを中部千島と呼ぶことがあり、本項でも便宜上

北千島 – 占守島・阿頼度島・幌筵島・志林規島
中部千島 – 磨勘留島から得撫島まで
南千島 – 択捉島、国後島
と区分して記述することとする。