VENONA Project (アメリカに対するソ連の大スパイ活動)

 

ベノナないしベノナ計画(英: Venona project、ただし一部機関では、VENONA と大文字表記する)は、1943年から1980年までの長期にわたって、アメリカ合衆国とイギリスの情報機関が協力して極秘裏に行ったプロジェクトである。主要任務は当時のソ連が第二次世界大戦後半に発信した暗号文を解読することであった。アメリカ合衆国とイギリスがこの作業に用いたコードネームは少なくとも13あったことが知られている。「ベノナ」はその最後のものである。「ベノナ」の意味は現在も不明。先立っては「JADE」、「BRIDE」、「DRUG」という名が使用されていた[1]。この計画に関連した日本における出版物では、ベノナをヴェノナと表記したり、解読されたファイルを指してベノナファイルと表記されることがある。

極めて高度の機密とされていたが、1995年7月に原爆研究やマンハッタン計画へのソビエトのスパイに関する文書が公開され、さらなる公開で約3000に上る解読文書が公開された[2]。

概要

ソ連が一般に採用していた暗号法は、元の文の単語や文字を数字に変換するとともに暗号文解読のための鍵 (ワンタイムパッド法の場合には本文と同じ量になる)を付加する方法であった。 正しい使用法をすれば、ワンタイムパッド法で暗号化された文は決して解読できないことが理論的に知られている。しかし、ソ連関係者の一部が暗号化に際して誤りを犯し、一度使用した鍵を再利用してしまった(一度使用した鍵をただちに廃棄するのがワンタイムパッド法の原則である)。これにより、膨大な通信文の一部、又は文書の一部分に限られたが解読が可能になった。

第二次世界大戦中の1945年5月に、アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見した[3]。これは、フィンランドがソ連領事館を制圧した際に、焼け焦げた暗号書を発見しドイツへ送られたものだった。1944年末フィンランド将校から別の暗号書もアメリカに送られたがOffice of Strategic Servicesがソ連に返還した[4]。これがアメリカで活躍するソ連国家保安委員会(当時は内務人民委員部、NKVD)のスパイ網で使用されているものと関連があることがわかった。

また1942年初頭に、ソ連NKVD通信センターは、使い捨て暗号表(ワンタイムパッド)を35,000ページ複製し2組の暗号表を作った。これにより同一暗号で暗号化された通信文が2つあることになった。そのため、アメリカ国家安全保障局(NSA)のメレディス・ガードナーほか優秀な解読者は暗号を破ることができた。

解読は超極秘であったが、イギリス情報局秘密情報部(SIS) のアメリカ駐在連絡代表キム・フィルビーがソ連に情報を流したため、ソ連は解読が実施されていることを知っていた。しかし当時フィルビーはSIS長官候補であったため、彼を温存するためにこの情報を利用しなかったという。
解読で明らかになったこと

アメリカの元共産党員であったE・ベントリー(Elizabeth Bentley)とW・チェンバース(Whittaker Chambers)が、1948年のアメリカ下院非米活動委員会において、ソ連のNKGB(KGBの前身)の在米責任者であるボリス・ブコフ大佐が、アメリカ政府内にソ連の諜報活動網を構築していたと指摘した。その内容と、当時財務次官補の要職にあったハリー・ホワイトが「Jurist(ジュリスト)」「Richard(リチャード)」というコードネームを持つソ連のスパイであった事実が、ファイルの解読で確認された[5]。

1950年ドイツ出身の科学者ローゼンバーグ夫妻がスパイ容疑で逮捕され、ソビエト連邦によるスパイ事件が発覚。ローゼンバーグ事件として知られるこの事件で、数多くのアメリカの情報をソ連側に渡していたことが明らかになった。

年表

以下はNSAのVENONA Chronologyによる

1943年2月1日-ジーン・グラベルがアーリントンホールにてVENONAを始める
1943年11月-リチャード・ハーロック中尉が初めてソ連の外交暗号を解読する。フランク・ルイスがこれをさらに詳細に解読した。
1943年-VENONA作戦が拡大。F.コードラット大尉、ウィリアム・B・S・スミス少佐が担当する。
1944年11月-KGBの暗号を、セシル・フィリップ、ジュヌビヌーブ・フェインステイン、ルシール・キャンベルが初めて破る。
1945年-ソ連大使館員イゴーリ・グゼンコ(英語版)が亡命[6]。エリザベス・ベントリーとウィテカー・チェンバーが、FBIにソ連のアメリカにおける諜報活動を通報。
1945年5月-アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見
1946年7月-12月-メレディス・ガードナーがKGBの暗号書の復元を開始した。解読されたいくつかの暗号文には、原爆に関するものが含まれていた。
1947年8月30日-メレディス・ガードナーが、暗号文に含まれるKGBの偽名についての研究を行う
1947年9月-G-2アドバイザのカーター・W・クラークとFBIのS・ウェルズレイ・レイノルズがアーリントンホールにおいてKGB暗号解読に成果
1948年10月19-20日-FBI首脳ロバート・J・ランファがメレディス・ガードナーと接触を始め、多数の諜報活動が明かされる
1948年-1951年-VENONAの調査により、クラウス・フックス、ハリー・ゴールド、ディビット・グリーングラス、セオドア・ホール、ウィリアム・パール、ローゼンバーグ夫妻、ガイ・バージェス、ドナルド・マクリーン、キム・フィルビー、ハリー・ホワイトなど多くの主要KGBエージェントが特定される[1]
1952年-1953年-初期のKGB暗号装置が誤用されたため、GRU文書が解読された。その後の20年間よりも多くのスパイが特定された
1953年-CIAが公式にVENONAを報告し、防諜活動に協力を始めた
1960年-イギリスが誤用されたGRU文書の利用を開始
1960年-1980年-数百もの暗号文が初めて解読される。初期に解読されたものも再解読される。
1980年10月1日-VENONA終了
1995年7月-VENONA FILEの一部が初めて公開される[2]