台湾総督府総務長官

 

総務長官

台湾総督府総務長官は、台湾総督の施政を補佐するとともに、台湾総督府の各政策の実務を担当した。その名称は、以下のような変遷をたどっている。

  • 民政局長官 – 1895年(明治28年)5月21日
  • 民政局長 – 1895年(明治28年)8月6日
  • 民政長官 – 1898年(明治31年)6月20日
  • 総務長官 – 1919年(大正8年)8月20日
歴代長官 任命日 総督 備考
1 みずの じゅん
水野 遵
1895年5月21日
(明治28年)
樺山資紀・桂太郎・乃木希典 1895年 (明治28年) 8月6日民政局長官を民政局長に改称
2 そね しずお
曽根 静夫
1897年7月20日
(明治30年)
乃木希典・児玉源太郎
3 ごとう しんぺい
後藤 新平
1898年3月2日
(明治31年)
児玉源太郎・佐久間左馬太 1898年 (明治31年) 6月20日民政局長を民政長官に改称
4 いわい たつみ
祝 辰巳
1906年11月13日
(明治39年)
佐久間左馬太 1908年 (明治41年) 5月22日死去
5 おおしま くまじ
大島 久満次
1908年5月30日
(明治41年)
佐久間左馬太
みやお しゅんじ
宮尾 舜治
1910年7月27日
(明治43年)
佐久間左馬太 代理
6 うちだ かきち
内田 嘉吉
1910年8月22日
(明治43年)
佐久間左馬太・安東貞美
7 しもむら ひろし
下村 宏
1915年10月20日
(大正4年)
安東貞美・明石元二郎・田健治郎 1919年 (大正8年) 8月20日民政長官を総務長官に改称
8 かく さがたろう
賀来 佐賀太郎
1921年7月11日
(大正10年)
田健治郎・内田嘉吉・伊沢多喜男・上山満之進
9 ごとう ふみお
後藤 文夫
1924年9月22日
(大正13年)
上山満之進・川村竹治
10 かわらだ かきち
河原田 稼吉
1928年6月26日
(昭和3年)
川村竹治・石塚英蔵
11 ひとみ じろう
人見 次郎
1929年8月3日
(昭和4年)
石塚英蔵
12 たかはし もりお
高橋 守雄
1931年1月17日
(昭和6年)
太田政弘
13 きのした まこと
木下 信
1931年4月15日
(昭和6年)
太田政弘
14 ひらつか ひろよし
平塚 広義
1932年1月13日
(昭和7年)
太田政弘・南弘・中川健蔵
15 もりおか じろう
森岡 二朗
1936年9月2日
(昭和11年)
小林躋造
16 さいとう いつき
斎藤 樹
1940年11月27日
(昭和15年)
長谷川清・安藤利吉
17 なりた いちろう
成田 一郎
1945年1月6日
(昭和20年)
安藤利吉 1945年 (昭和20年) 10月25日台湾総督府廃止