南洋の交通

 

大日本航空による航空路線も整備されつつあったが、一般的には海路が利用された。海路には大きく3種に分けることができる。

内地群島間航路 – 日本郵船が担当
  • 西廻線
  • 東廻線
  • サイパン線
群島内離島間航路 – 南洋汽船南洋貿易が担当
  • マリアナ群島線
  • ヤップ・パラオ離島線
  • ポナペ離島線
  • マーシャル群島線
環礁内航路 – 運送組合・個人が担当(南洋庁が補助金を支給し維持)
  • パラオ各線
  • トラック各線
  • ポナペ各線
  • ヤップ各線